高齢者や障がい者、また心に深い傷を負った方に対して行われる福祉ネイル。
現在、ネイルスクールを修了しネイリストとしての経験や知識をもつ方が介護施設や個宅を戸別訪問し、実際に施術するケースが増えています。

このようなサービスは「訪問美容」の一種として認識されていますが、まだまだ知名度は高くありません。
それでもボランティアなどで福祉ネイルを施すプロのネイリストも増えており、今後も増加が見込まれている高齢者層をターゲットに新たなビジネスを展開しようとしています。

そこでこのページでは、実際に福祉ネイルを施術してもらった方の体験談をまとめていますので参考にしてください。

  ネイリストに褒められて嬉しい気持ちになった

実際に福祉ネイルを施術してもらった方の声で多いのは
「お肌が白くてとても綺麗ですね。これくらい綺麗だとマニキュアを塗ったらもっと指先が映えますよ」
「指先が綺麗になると若々しく見えますね」
「好きな色のマニキュアで、とても素敵ですね。印象も明るくなりましたよ」
など、ネイリストから褒められてとても嬉しいという体験談です。

あるデイサービス(通所型介護施設)で実際に福祉ネイル(ハンドケアも含む)のサービスを受けた方は
「施術してもらう前と後では全然指先の印象が違う。肌の色もグッと明るくなった。本当にありがとう」
と、ネイリストに対して喜びと感謝の言葉をかけています。

高齢女性は普段からハンドケアやネイルケアを行う方はかなり少数派ですので、福祉ネイルで指先を綺麗にケアしてもらうと女性であることを再認識し自信を取り戻したり癒しにつながるなどの効果があります。

普段と違う事をすると脳への刺激があり、認知症の進行防止になるという意見もあるのです。
福祉ネイルは今後も多くの高齢者、障がい者に求められる可能性大。

  お喋りが楽しい

実際に福祉ネイルを受けた方の経験談には「ネイリストとのお喋りがとても楽しい」と言う方もいます。
「若い頃から定期的にネイルサロンに通っていたので、またネイルケアが受けられて嬉しい。ネイリストさんと色々お喋りできて癒された」
「私が10代の頃のお話を聞いてもらった。とても楽しかったし、またネイリストさんとお話がしたい」
と言うネイリストとの交流に満足出来た、癒されたという体験談もあります。

介護施設で生活していると日々おつき合いする方はかなり限られてきますし、自宅から自由に外出出来ない方は人との会話にも制限があります。
不自由な生活を送っている方々にとって、ネイリストとの会話はとても刺激があり楽しいもの。

ハンドケアやネイルケアだけではなく、施術者との会話にも癒しやパワーがもらえると言う声も多くなっています。